製品開発のポイントは独自のモーター技術。

株式会社ホクト

企業ウェブサイト

〒792-0892 愛媛県新居浜市黒島一丁目5-24

TEL(0897)45-3568 FAX(0897)46-3211

認定製品・技術
直流ブラシレスモーターの開発製造技術
株式会社ホクト1

ホクトの前身は電子部品製造会社。1970年頃から大手電機メーカーの下請けとして電子部品の製造を行っていたが、80年代には大手メーカーの海外生産シフトに伴い受注が減少。こうした中で元々モーターの技術者だった創業者が、83年頃に駆動部分と電気制御装置が別々の構造のため、水のある場所でも使用できる特性を持った独自モーターを開発。これを機に、独自モーターを活かした自社製品の開発を始めた。

試行錯誤を繰り返し、85年頃に現在の主力製品「うろこ取り名人」が誕生。2005年には、同製品をはじめとする自社製品の開発・製造・販売を行う名人工房を設立。09年には現社名に改称、モーター技術を幅広い分野に応用した研究開発を進めている。

株式会社ホクト2

「うろこ取り名人」は、文字通り魚のうろこを取り除く装置。電気制御部分と水に強い同社開発のモーターが、それぞれ独立構造になっており、水を流しながら使用できることが最大の特徴。ハンディータイプで、先端に取り付けられた独自形状の刃が回転し、うろこをそぎ取っていく仕組み。回転刃は回転中に触ることができる滑らかな形状のため、魚の身を傷つけることなく安全に使用できる。また刃先を使えば、細かい作業ができるよう形状に工夫を凝らしている。作業効率が大幅に向上することから、主に大量に魚を調理する食品加工工場やスーパーなど業務用としてニーズが高く、これまでに1万台以上の販売実績を誇る。この他にも「名人シリーズ」として、かき殻の付着物を取り除く「かき殻用そうじ名人」や、魚の小骨取り「骨抜き名人」などの魚加工機械を展開している。

株式会社ホクト3

10年には、九州大学応用力学研究所が中心に進める「風レンズ風車」という風が弱くても風車が回りやすい技術を軸とした次世代風力発電システムの開発・実用化プロジェクトに参加。モーター技術を応用した高効率発電機の開発を担当している。現在、17年の実用化を目指して全国各地で実証実験を実施しており、高橋義樹社長は「いかに部品点数や生産工程を少なくできるか」が、実用化に向けた課題としている。

株式会社ホクト4

今後は主力の「うろこ取り名人」のラインアップを充実させていく方針。現在、電源ボックス1台に対して一つのうろこ取り機しか使用できないが、3~4台を同時使用できる機種の開発を進める。また一般向けの廉価版やコードレス化に向けた開発にも取り組みたいとしている。また「我が社の基本はモーター」というように、永久磁石を使用しない新たなモーターの開発や応用分野の拡大などにも注力していく。

企業詳細情報PDFダウンロード