港湾計画

物流コストの削減による地域産業の国際競争力の強化を図るため、船舶の大型化や貨物のコンテナ化に対応した水深12mの多目的国際ターミナルを本港地区に整備。大量輸送が可能な船舶輸送を促進するとともに、増大する貨物需要に対応した水深7.5m及び5.5mの内貿ふ頭を東港地区に整備しています。

本港地区 水深 12m岸壁 1バース 長さ240m 船を着ける施設。外国との貿易用。
防波堤 長さ 300m 港のなかを穏やかにするための施設
泊地 水深 12m 船を方向を変えるための海域
ふ頭用地 広さ 6ha 荷物を降ろしたり、保管したりするための用地
湾関連用地 広さ 3.4ha 関連企業の倉庫などを建てるための用地
臨港道路 2車線 ふ頭内での貨物を運びやすくする道路。
港と地域を結ぶ道路
東港地区 水深 7.5m岸壁
(耐震強化岸壁)
1バース 長さ130m 船を着ける施設。国内物流用。
(大規模地震災害発生時の緊急物資輸送用)
水深 5.5m岸壁 バース 長さ100m 船を着ける施設。国内物流用。